08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

黒い屋形船

☜ (`o´) コラコラコラコラ~ッ!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

東方銀狼章 

東方銀狼章 番外編 「夢消失」

それは霊夢達が彪狛に会っていた時の神社での話し。

萃香「大体片付いたかな。まぁよくもやったもんだ天人は」
天人によって壊された神社を片付け治しながら呟いた
萃香「こんな神社にも騒霊が着いてるもんだなぁ」
お茶を飲みながらそう言った
カナ「バレちゃいましたか」
ふぅっと壊れた神社から現れたのは、カナ・アナベラルだった
萃香「あぁあんただったかこの博麗神社に取り付いたってのは」
カナ「取り付いたって言うよりか引っ越して来たって言って欲しいんだけど」
萃香「それも一方的な。それより前住んでた所には戻らないつもり?」
カナ「戻ってもあそこでは私の存在は塵の一つのような存在」
お茶をコトッと置き萃香が答える
萃香「それはまた何でだい?」
カナ「私は精神が不安定な少女の一面から生まれたの」
萃香「まぁ私だって鬼だしそれは知ってる」
そして瓢箪に入っているお酒を飲み始めた
カナ「知ってるならいいけど」
萃香「神社・・・壊れちゃったけど、一生姿を見せないで住むきかい?」
カナ「騒霊であるが故って奴よ。」
萃香「そんなもんかねぇ。あとあんたと別にもう一人幽霊が居る筈なんだけど」
カナ「もしかして・・・魅魔って人かしら?」
萃香「ふ~ん。(魅魔って確か魔理沙の師匠だったような・・・)」
そしてまた飲み始めた時
萃香「おやおやどちら様だい。そろそろ霊夢達の所に行かないと。あんたも行くかい?」
とカナの方を見たが既に姿はなかった。そしてそれを見たのか萃香は霊夢達の
所へと向かって行った。

本編へ続く
スポンサーサイト
日常  /  tb: 0  /  cm: 1  /  △top

この記事に対するコメント

噂の"聖☆おにいさん"はギャグです(お前が言ったンだろ!! ...腹痛くなるほどではなかったですが(何

こンにちわ


しかし"萃香"っていう人はノンビリ屋さんっぽいすね(ぇ
いやセリフとか後神社が壊れたのにお茶飲むって分かりやすくていいですね...困った時ほどマイペースでしょうか?(聞くな
そういえばよくスポーツ漫画とかでピンチ=チャンスとかチャンスの時こそ冷静にとかいうからそれと同じ原理ですk(なぜに今?

確かに霊といえば憑依っていうイメージがありますよね(ぇ
アニ横もある意味それかも(全然違うから イヨの場合はギリギリ当たってそうですがそうだとしてもいい霊ですよね(ちょ


続き頑張ってください
でわ

URL | jack☆jack★ #uLeGWwwU

2008/12/24 13:54 * 編集 *

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://blogoma0970.blog116.fc2.com/tb.php/89-97de59bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。